松川の桜を遊覧船から見るのが楽しみ

富山市副市長
中村 純さん

Jun Nakamura

 

 今年1月1日付で富山市の副市長に就任した。
 「富山市へは、仕事の関係で過去に何回か来たことがあり、市役所の建物にも入ったことがありましたが、まさかこういう立場になるとは(笑)。富山市は、コンパクトシティを標榜していて、ずっとそれでまちづくりを継続的に続けられているということで、私のいた国土交通省の都市局の中では非常に有名な街でしたので、富山に対する漠然としたイメージはありましたよ」


 松川も知っておられたそう。
 「ここは桜も綺麗で、遊覧船も通るんだよ、という話を当時聞き、街中に潤いと安らぎを与える空間があるんだな、と」
 今年は初めての松川の桜を、遊覧船から見ることを楽しみにしているとのこと。
 「これからいい季節になりますし、是非、街の探検もそうですけど、川の探検もしてみたいなと思っています」
 前職は、国交省の都市局まちづくり推進課官民連携推進室長。その中で行なった仕事の一つが、道路占用許可の特例制度の創設と普及。
 「歩道の空間が広くて人が賑わえるところに、テーブルと椅子を出してお茶も飲めるオープンカフェを作りたいとなった時に、今までは、人が通るところなのでやってはいけない、というのが基本だったんです。けれども、一定のエリアなら許可基準を緩和しましょう。そして、その制度を広めて、どんどん使いやすい街にしていきましょう。そういう仕事をしておりました」
 松川は、今、工事をしている地下貯留管ができると、使いやすい川になる可能性があるという。
 「川本体をいじるのは、どうしても県の方にお願いしたり、やって頂いたりしなければいけない部分があるんですが、河川を使っていろんなことをやるっていうのは、市でもいろんなことができるので、いろいろ仕掛けていくというのは必要かもしれませんね」

 

プロフィール ●
昭和39年(1964年)9月23日、東京都生まれ。東京大学工学部都市工学科卒。昭和62年4月 建設省採用。平成13年6月 高知県土木部都市計画課長、平成16年7月 独立行政法人都市再生機構本社業務企画部チームリーダー、平成19年4月 国土交通省都市・地域整備局都市計画課企画専門官、平成21年4月 姫路市都市局長、平成23年7月 人事院人材局交流派遣専門員(東海旅客鉄道株式会社)、平成25年7月 国土交通省都市局まちづくり推進課官民連携推進室長、平成27年1月 富山市副市長。

 


おすすめ