カテゴリー: 富山の風景

いたち川の源流(富山市)

常西合口用水から取水  いたち川は、もとは清水又用水の流れ末だったが、天正9年(1581年)富山城主となった佐々成政が、城の東の守りとして(外堀の役目)、刀尾神社に祈願して今のように整備したそ...

いたち川取水堰と取水口(富山市)

 富山県美術館の横を流れる「いたち川」に、上の写真のような堰があるのを見たことがあると思います。これは、厚いゴムの風船でできていて(ラバーダムとも呼ばれる)、ふくらむと1〜1・5メートルの段差...

呉羽丘陵の御鷹台(富山市)

高速道路を眼下にのぞむ  呉羽丘陵の南端に「御鷹台」という見晴らしのよい場所があると知り、出かけました。「ファミリーパーク前」の交差点で、南に曲がり、富山大学杉谷キャンパス方面へ。北陸自動車道...

松川といたち川の合流点(富山市)

かつて川湊(河岸)があった場所  立山連峰からの雪解け水が、常願寺川、常西合口用水を経て、一方は、いたち川となり、一方は農業用水を経て、四ツ谷川、冷川などになり、さらに松川となって流れ、この場...

千歳桜の碑石と観世音堂(富山市)

富山の歴史を伝える  松川遊覧船のりば「松川茶屋」の裏に大きな石碑が建っていますが、これは、「千歳桜の碑石」と呼ばれます。江戸後期、富山10代藩主の前田利保が藩主の座を利友にゆずった後、嘉永2...

ガス燈(富山市・松川べり)

 文明開化とともに生まれたガス燈は、富山市では大正2年に、神通川べり(現在の松川べり)で点燈されました。その明りは、水面に映え、多くの市民を魅了したといいます。昭和63年に、国際ロータリー第2...

いたち川の〝ドンドコ〟(富山市)

奥田用水の取水堰  いたち川の通称〝ドンドコ〟は、奥田用水の取水堰です。ちなみに、〝ドンドコ〟は、富山の方言で、河川に設けられている取水堰や落差工の通称。水が勢いよく流れ落ちる様や音からその名...

いたち川下流(富山市)

江戸から明治にかけ、主要な物流ルート  今回は、松川といたち川の合流点から下流側のいたち川の景色を見ていきましょう。  実はこの部分は、かつての神通川の川筋に当たります。(明治時代に入り、城を...

牛ヶ首用水のサイフォン(富山市)

 サイフォンの原理を使った施設と言えば、兼六園の霞ヶ池から、谷間の堀の下を通って金沢城に水を上げていた辰巳用水の伏越(逆サイフォン)が有名だが、富山にもサイフォンの原理を使った施設がある。黒部...