カテゴリー: 富山の風景

穴の谷の霊水(上市町)

洞窟で修行をした女行者が発見した奇跡の水    穴の谷の霊水といえば、県内を代表する霊水だが、これまで詳しい史実や水の科学的分析をまとめて書いたものがなかったことから、今年春、地元の...

磯部五如来像と地蔵菩薩像(富山市)

御坊町(現桃井町)の篤志家が建立、現在地に遷座    江戸時代の安政(1854〜60年)の頃、御坊町(現桃井町)の篤志家が、釈迦如来・阿弥陀如来・薬師如来・大日如来・阿閦如来の石像「...

馳越線の起点の石碑(富山市)

芝園小・中学校の神通川側の土手に設置    神通川は、かつてここから大きく東に曲がり、富山城の北側を流れていました。そのため堤防が決壊しやすく、たびたび氾濫を起こしては人々を苦しめて...

常西合口用水の水車(富山市)

小水力発電所として発電を行う    常願寺川に架かる赤い欄干の立山橋そばの常西水神社の隣にあるのが、こちらの「常西公園小水力発電所」の水車である。水車が採用されたのは、環境啓発のため...

松川水門、松川放水門(富山市)

富山市内を水害から守る    松川の上流、磯部の堤の途中に、松川水門がある。松川の上流からの水量が増えた場合、上の写真の赤い水門を閉じることで、中心部へ流れる松川の水量を止めることが...

富山歩兵聯隊跡(富山市)

明治41年〜昭和20年まで37年間配置    富山市五福の県営富山野球場のそばに、「富山歩兵聯隊跡」という石碑が立っている。1907年(明治40年)10月30日、金沢の歩兵第7連隊お...

富山港展望台(富山市)

金刀比羅社の常夜燈がモデル    富山港展望台は、富山市の海の玄関口である富山港のシンボル的施設として、伏木富山港(富山地区)港湾環境整備事業(緑地)の一環で昭和60年11月に建設さ...

富山県中央植物園(富山市)

美しい景観と、多彩な植物に出会う      広大な敷地にさまざまな植物が植えられ、四季折々の花や景色等が楽しめる富山県中央植物園は、平成元年から日本海側初の総合植物園として...

両岸分水工(立山町)

常東用水と常西用水に分水  横江頭首工で常願寺川の右岸から取水された農業用水は、今回ご紹介する「両岸分水工」で、常願寺川右岸の「常東用水」と、左岸の「常西用水」に分水されています。初代の両岸分...

臨池居(りんちきょ)跡(富山市)

富山県内における代表的寺子屋  堤町通りの池田屋安兵衛商店さんから少し入ったところ(現在の「酒のとよた」さんの付近)に、江戸時代中期から明治時代にかけての富山県内における代表的寺子屋「臨池居」...

前田普羅 句碑、藻谷銀河 歌碑(富山市)

城址公園、城址大通り沿いに立つ  城址公園の城址大通り沿いには、高浜虚子門下の四天王の一人と称され、俳句結社「辛夷」を主宰した前田普羅の句碑(写真右)と、郷土文化誌『高志』に集った歌人・藻谷銀...

千歳御門(富山市)

「東大の赤門」と同じ三間薬医門  城址公園の東側にある千歳御門は、富山藩10代藩主・前田利保が隠居所として造営した千歳御殿(現在の桜木町の場所にあった)の正門で、嘉永2年(1849年)に建築さ...

いたち川の源流(富山市)

常西合口用水から取水  いたち川は、もとは清水又用水の流れ末だったが、天正9年(1581年)富山城主となった佐々成政が、城の東の守りとして(外堀の役目)、刀尾神社に祈願して今のように整備したそ...