カテゴリー: 富山の風景

呉羽丘陵の御鷹台(富山市)

高速道路を眼下にのぞむ  呉羽丘陵の南端に「御鷹台」という見晴らしのよい場所があると知り、出かけました。「ファミリーパーク前」の交差点で、南に曲がり、富山大学杉谷キャンパス方面へ。北陸自動車道...

松川といたち川の合流点(富山市)

かつて川湊(河岸)があった場所  立山連峰からの雪解け水が、常願寺川、常西合口用水を経て、一方は、いたち川となり、一方は農業用水を経て、四ツ谷川、冷川などになり、さらに松川となって流れ、この場...

千歳桜の碑石と観世音堂(富山市)

富山の歴史を伝える  松川遊覧船のりば「松川茶屋」の裏に大きな石碑が建っていますが、これは、「千歳桜の碑石」と呼ばれます。江戸後期、富山10代藩主の前田利保が藩主の座を利友にゆずった後、嘉永2...

いたち川の〝ドンドコ〟(富山市)

奥田用水の取水堰  いたち川の通称〝ドンドコ〟は、奥田用水の取水堰です。ちなみに、〝ドンドコ〟は、富山の方言で、河川に設けられている取水堰や落差工の通称。水が勢いよく流れ落ちる様や音からその名...

いたち川下流(富山市)

江戸から明治にかけ、主要な物流ルート  今回は、松川といたち川の合流点から下流側のいたち川の景色を見ていきましょう。  実はこの部分は、かつての神通川の川筋に当たります。(明治時代に入り、城を...

磯部の一本榎(富山市) 早百合伝説の場所

 「磯部の一本榎」は、戦国時代、富山城主・佐々成政によって側室・早百合が「鮟鱇のつるし切り」のようにして殺されたという伝説がある木だ。場所は、大正初期に大正天皇の御大典(即位式の祝賀行事)を記...

いたち川沿いの立山禅定道(富山市)

かつての立山登拝の道をめぐる  江戸時代の立山登山はずっと徒歩で行くのが普通だった。その道は幾筋もあったそうだが、主たるものはいたち川ぞいの道だったという。そこで、今回は、いたち川の取水口まで...

眼目山 立山寺(上市町)

【読み】がんもくざん りゅうせんじ(通称:さっかのてら) 樹齢四百年の栂(とが)並木  小道の両側にまっすぐ伸びた木々がずっと続く美しい風景…一度は眼にしたことがあると思います。この風景が見ら...