カテゴリー: 地域の雑学

鹿嶋神社―鱒の寿司のルーツは祭り寿司?

 桃山末期に有沢に「鹿嶋社」として創建されたという鹿嶋神社。富山藩2代藩主・前田正甫公は鹿嶋の神を産土神として崇敬になり、新たに現在地に遷宮され、富山藩の「裏鬼門除け祈願所」として、磯部一帯に...

いたち川の水車跡?(富山市)

 小誌の今年2月号の『とやまの話』コーナーで、「富山町の水車」をお取り上げしたが、どこかにその痕跡がないものかと思っていたら、いたち川に注ぐ与茂太郎川(いたち川上流の〝どんどこ〟の付近から取水...

松川とサンアントニオ川を比べてみると…

 川が蛇行していたために、水害が発生し、バイパスを作ったという点で、同じ歴史を持つ神通川(蛇行部分の名残りが、松川といたち川)と米国・サンアントニオ川。  ところが、同縮尺で見てみると、下記の...

富山市立南部中学校にある富山県師範学校址

富山市立南部中学校の場所には、かつて、富山県師範学校、その後の富山大学教育学部があったそうです。 そのため、昭和58年11月に、富山教育学総会が母校創立110年記念で「富山県師範学校址」と刻ま...

金刀比羅(ことひら)神社(富山市)

 「こんぴらさん」とも言われ、神通川の漁師さん達の漁の安全、大漁祈願の神社として知られる金刀比羅神社。昔は神通川の鱒をお供えしていたそうだが、現在は鱒のすしをお供えしているそうだ。その由来につ...

上杉謙信の居城 春日山城(新潟県上越市)

 春日山城は、上越市中部にある春日山山頂に築かれ、長尾為景、晴景、上杉謙信(長尾景虎)、上杉景勝の4代の居城となった。別名を鉢ヶ峰城ともいう。「春日山」の名称は、奈良の春日大社から分霊勧請した...

神通川の水源と飛騨一ノ宮水無神社

 神通川の水源は岐阜県高山市の川上岳ということで、その付近に足を運んでみた。まずは、冬季はスキー場にもなるという道の駅 モンデウス飛騨位山で観光パンフレットをもらい、紹介されていた近くの位山分...

「磯部御庭」ゆかりの場所護国神社

   現在の護国神社を中心とする一帯には、2代藩主・前田正甫公が元禄15年に築造させた「磯部御庭」があったそうです。富山市郷土博物館発行の『博物館だより』第二十二号によると、正甫公は...