富山中部スーパー農道 日中(北)〜安田間(立山町、上市町、滑川市)

立山連峰を望みながら走れる、名所が続くドライブコース

 

 富山県内で、俗に「スーパー農道」と呼ばれている広域農道は、もともと農林水産省所管の広域営農団地農道整備事業により作られた道路ですが、現在では、町道や県道などになっている区間も多いようです。全国的に、見晴らしのいい山腹を通っていることが多く、ドライブやサイクリングにおすすめな道です。近県では、長野県の軽井沢町追分から上田市を結ぶ浅間山麓広域農道(愛称:浅間サンライン)が有名です。
 さて、県内にも数箇所の広域農道(スーパー農道)がありますが、今回は、立山連峰が望める「富山中部スーパー農道」の上市町区間をご紹介します。
 この区間は、沿線に、大岩山日石寺、眼目山立山寺、穴の谷霊場(霊水)がある「信仰と癒しの道」と言えます。道がカーブし、アップダウンがあるため、ダイナミックな景色を楽しむ事ができます。
 また、滑川市に入ると、「安田」の交差点から、東福寺野自然公園に行くこともできます。東福寺野公園の奥には、弘法大師ゆかりの清水で、飲むと頭が良くなると言われている「弘法大師の清水(護摩堂)」があります。ここに至る道の途中、富山湾から能登半島までが一望できるという絶景ポイントがあります。ただし、若干道が狭いので注意しましょう。
 東福寺野公園から降りて来る途中にも、富山平野を眺めることができます。夜景スポットとしてもよさそうです。


▲日中(北)〜柿沢


▲広野南〜安田


▲名所の案内が表示された看板


▲眼目山 立山寺(りゅうせんじ)の美しい栂(とが)並木


▲大岩山日石寺へ登る百段坂


▲東福寺野自然公園から下る時に眼下に広がる平野


▲弘法大師の清水(護摩堂)へ行く道の途中の景色

 


おすすめ