【其ノ二十八】 二っ目昇進

柳家さん生・・・昭和32年、富山市西町に生まれる。上野鈴本演芸場等、寄席定席に出演のかたわら、都内各所にて勉強会、独演会を精力的に開催、活躍中。
HP▼http://sun-show.net/

 寄席の楽屋で二っ目昇進の後輩に挨拶を受けました。いいもんだなあと思います。落語の世界には階級があり、前座、二っ目、真打と昇進しますが、中でも一番うれしいのが二っ目昇進なのです。
 特に私の場合、前座の間は師匠宅にて内弟子(住み込み)修行だったので、喜びもひとしおでした。師匠のお世話から解放され、好きな時間に起き、何をしていても、何もしていなくても、誰にも何も言われない。思いのままの生活に入れるわけです。
 勢い、今までしたかったことを次々と実行します。朝まで飲んで騒ぐ。一日中寝ている。昼真っから酒を飲む。あるいは風呂に入る。そう、小原庄助さんのような生活です。


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい