【其ノ三十三】 程が一番

柳家さん生・・・昭和32年、富山市西町に生まれる。上野鈴本演芸場等、寄席定席に出演のかたわら、都内各所にて勉強会、独演会を精力的に開催、活躍中。
HP▼http://sun-show.net/

 最近一番の話題と言えば、相撲の八百長問題。いわゆる有識者と呼ばれる人たちが、ああだ、こうだと実にかまびすしいことですが、重箱の隅をつつくような議論には、少々違和感を覚えてしまいます。
 相撲は本来「興行」であったはず。スポーツではなく、むしろ娯楽です。歌舞伎のように、弁当を食ったり酒を飲んだりしながら、庶民が楽しむためのものだったはずです。
 興行ですから、見せ物的な要素は拭えなかったと思います。例えば期待通りの人が勝つ。小兵は大男を負かす。完璧なシナリオの元、取り組みは進み、観衆はその妙を面白がり、楽しんだのでしょう。


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい