南池袋公園 ー 新しい公園の形

 南池袋公園は、豊島区が2015年の庁舎の移転に伴って2014年に発表した「現庁舎周辺まちづくりビジョン」をもとに2016年4月にリニューアルオープンした公園。
 帰宅困難者対策を担う防災拠点にもなるように整備された建物には、民間のおしゃれなカフェも入居。目の前の広い芝生広場にレジャーシートを敷いて寝そべったり、ウッドデッキで談笑している姿が見られ、ゆったりとした時間が流れている。
 今までの公園と見違えるようになったと大変好評のようだ。
 カフェの反対側には、子ども向けの小山から滑り降りるような幅の広い大きな白い滑り台や遊具があり、多くの家族連れで賑わっているようだ。こうした取り組みがどんどん増えたらいいですね。

 


コメントを残す


あわせて読みたい