【其ノ壱】 風の吹くまま  吹かぬまま

柳家さん生・・・昭和32年、富山市西町に生まれる。上野鈴本演芸場等、寄席定席に出演のかたわら、都内各所にて勉強会、独演会を精力的に開催、活躍中。
HP▼http://sun-show.net/

 東京に住み始めて三十数年。富山で育った年数より遙かに長くなりました。上京してからはずっと東京中心の生活が続いていましたが、ここ数年、また富山との繋がりが出てきた、そんな感じがするのです。
 いろんなところで「あなたにとって故郷とは」などと聞かれることもよくあります。漠然とした思いを言葉にするのは難しいのですが、最近は、「故郷」とは帰ろうとすると拒まれ、帰らなくてもいいなんて思っていると、かえって呼ばれるものなんだなあといささか感慨深く考えています。
「故郷に錦を飾る」とか「一旗あげるまでは故郷には帰らない」などと言いますが、これは強情な感じがするし、何もそんなに意地を張らなくてもと思ってしまいます。齢五十を過ぎたせいか、好きなことをしてきたせいかよくはわかりません。ただ近頃、無理をすることは良くないと思うようになってきました。故五代目柳家小さん師匠の色紙にこんな言葉がありました。


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい