【其ノ百十三】 また一年が…

柳家さん生・・・昭和32年、富山市西町に生まれる。上野鈴本演芸場等、寄席定席に出演のかたわら、都内各所にて勉強会、独演会を精力的に開催、活躍中。
HP▼http://sun-show.net/

 この一年何があったなんて考える前に、米国大統領来日や9人の殺人事件という、なんとも痛ましいことなど連日報道されネットにながれてきます。今や家にいて世界のことが分かる時代がきて、すべて知っているつもりの輩が出てきて好き勝手を言い出す。もう先のことがわからない時代なのかもしれません。
 そんな中で変わらないのが暦でしょうか。世界が共通に使っている太陽暦に、日本では旧暦も絡んで日々の暮らしが動いていきます。それぞれの国にそれぞれの暦があるそうです。そんな世界が一つにまとまるなんて、それはそれは大変理解と時間がいるのでしょう。

 井上ひさしさん本「せりふ集」の中に〝「わたしが戦争を始めました」と言った人はいない。「戦争が始まった」「戦争がおきてしまった」とみんなは言う。〟というのがあります。いつの間にか始まる、そんなことはないのです。でも「いつのまにか」、これこそが人々の日々の暮らしなのかもしれません。いつの間にか今年も終わろうとしています。一年間ありがとうございました。来年もまた良いことが沢山ありますように…
 いやはや まいどはや


コメントを残す


あわせて読みたい