【其ノ百三十六】世界を動かすのはだれ

柳家さん生・・・昭和32年、富山市西町に生まれる。上野鈴本演芸場等、寄席定席に出演のかたわら、都内各所にて勉強会、独演会を精力的に開催、活躍中。
HP▼http://sun-show.net/

 十月から消費税が上がりました。賛否はあると思いますが、なぜか、国を挙げて物事が動き出す時には、必ずとんでもない事件や不祥事が起きる気がするのです。今回は消費税が施行されるまで、マスコミがいろいろと説明をしていた矢先に、福井での原発の関西電力と地元助役の癒着が出てきて、一気に消費税どこ吹く風で、全局が癒着のことを言い出す。
 一方では、国連で突然十六歳の活動家が本音を叫んだ。まるでおとぎ話の裸の王様のごときに。世界があっと驚きましたが、揺るぎない何かに阻まれている感じは拭えない。いずれにしても少し自分たちは冷静になりませんか。
 消費税アップの前に買いだめをしても、いずれはその消費税で買うことになる。裸の王様であることは百も承知のはずです。大げさなことではなく、個人として生きていく上で、人に踊らされず。人に心配をかけず。後々の人々に迷惑をかけず。大したことはできないけれど自分でできる範囲のことをただ誇るでもなく声高に言うでもなく、やっていくことこそ、いつか世界が変わるかもしれないと思うのですが…
 いやはや まいどはや


コメントを残す


あわせて読みたい