【其ノ百六十六】謝ることは難しいよね

柳家さん生・・・昭和32年、富山市西町に生まれる。上野鈴本演芸場等、寄席定席に出演のかたわら、都内各所にて勉強会、独演会を精力的に開催、活躍中。

 もう何年いや、十数年、テレビで謝る姿を見かけるようになりました。悪かった、間違いであったと分かれば、謝ることはいいことだとは思う。人前で他人に対して頭を下げるというのは屈辱的な気もします。それでも謝る勇気は必要な気がするのです。コロナ騒ぎも毎日毎日感染者数を言うのも、いい加減やめてはどうでしょうか。きっと誰かが言わないとイタチごっこのように第7波が来てまた治って、また第8波が来て、と繰り返すだけのような気がするのです。誰か冷静になって「止めます」と謝る人はいないのだろうか。
 そんな中、世界ではとんでもない戦争が起きている。周りが寄ってたかって助けると言う名の下に武器を送って対抗している。戦争は「ごめん」と謝って済む問題ではない。集団心理の怖さを見ているようです。兵士だって、一人一人は決して戦争など望むべくもないと思います。命令と言う名のもとに動かざるを得ないのです。そうしないと自分に降りかかってくるからでしょう。それでも、謝る勇気はあってほしいと望むのは私だけでしょうか。とにかくこれ以上、広がらず治まることをただただ望むだけです。
 いやはや まいどはや


おすすめ