【其ノ二十九】 落語家としての原点

柳家さん生・・・昭和32年、富山市西町に生まれる。上野鈴本演芸場等、寄席定席に出演のかたわら、都内各所にて勉強会、独演会を精力的に開催、活躍中。
HP▼http://sun-show.net/

 昭和五十七年(1982年)三月二十一日より二っ目に昇進を許す。この知らせがどんなに嬉しかったか。この日をもって前座の修行は終わり、晴れて世間に出られるという知らせです。落語家としてこれほど嬉しいことはありません。真打ちになるより、遙かに嬉しいものです。
 そのお祝い、というわけでもないのでしょうが、先輩から富山でのラジオのレギュラーの仕事をいただきました。おかげで収入も安定します。でも落語の修行しか知らない私。ラジオのラの字もわからず、一年で干されます。もちろん収入も激減。これにはちょっと驚きました。


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい