12.パリの区(アロンディスマン)Part2

ヒロコ

富山県出身。アメリカ人の旦那グレッグと、インドで出産した娘、愛子の3人家族。カナダで1年、イギリスで1年、インドで3年半、アメリカで4年、そして2012年3月からはフランスのパリに住むことになりました。

 では、続きのパリ11区〜20区の紹介です。
★11区…バスティーユ広場、ここは仮面の男が収監されていたバスティーユ監獄がありました。秋冬にサーカスが楽しめるシルク ディヴェール劇場があり、カナル サン マルタン(運河)も見所。★12区…ナシオン広場。ヴァンセンヌの森。この森林公園はパリ中心部から東に4キロほどに広がる壮大な公園。★13区…チャイナタウンやビュット オ カイユという庶民的なビストロや飲み屋が建ち並ぶ地区で、雰囲気がとても良く、あちこちの壁にオシャレな落書きが多い。


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい