65. Return to India

 明けましておめでとうございます。今年もご愛読のほど、宜しくお願い申しあげます。
 さて、クリスマス休暇、私達は愛子がインドで生まれた10周年記念に、インド旅行に行ってきました。生まれ故郷のインドは、娘にどう映ったのでしょう? 愛子の生まれ故郷のバンガロールは、10年の間に凄まじく発展していました。新国際空港、その周りは何もなかったのが、ホテルや高層ビル、ショッピングモール。国際空港の美しくモダンで清潔なこと。あの混乱状態の旧空港からは予想もできないほど近代空港に。またこの10年の間に、どれだけ高層近代ビルが建てられたことか! 目を疑うばかりの急速な発展ぶりに私はただ呆然とするばかり! IT関係の会社も増え、近代化する都市に、物価も上昇。眩い進化に私は感動。愛子も都会のバンガロールには大満足。宮殿のようなホテルで、ランチをしたり、ブランドづくしのショッピングモールに、モダンなレストラン。ここはまるで大都会。パリや東京と変わらない! でも…、その華やかさから一歩外に出ると、やはりインドはインド。遥か昔のままのインド。貧しい階級の、むせ返るような人の山。人口も850万人を超え、10年前の約2倍に増加。交通渋滞の酷いこと。大気汚染。牛が普通に道を横切る景色。道路で横たわる牛。痩せ細ったヤギの群れ。ギャングのような野良犬達。野生の猿。もう人間と動物が普通に共生してる国。カレーのスパイスは街中に息づき、どこに行ってもこの匂い。


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい