44★「定家『明月記』の物語」


定家『明月記』の物語
稲村榮一・著 ミネルヴァ書房

 

中林みぎわ〈Profile〉

◆宮城県生まれ。富山県天文学会会員。平成14年から21年まで富山市天文台勤務。現在は、子育てをしながら富山市科学博物館ボランティアとして活動。好きなものは、星と月、本、石、博物館巡り、お菓子作り、ビートルズ。

 あけましておめでとうございます。2021年は丑年、そこで今回は、おうし座にある「かに星雲」の話題です。かに星雲は約900年前の超新星爆発の名残です。超新星爆発は星の最期で、急に明るくなるため見慣れない星が出現したように見えます。その後、


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   

おすすめ