[イベントルポ]今昔まち歩きツアー参加ルポ

 2021年12月11日㈯まで毎週末、クルーズとまち歩きを組み合わせて、松川周辺の歴史を学ぶ2つのツアーが開催されています。富山の着地型観光ツアーを企画・実施されている(一社)地域・観光マネジメントさんと松川遊覧船とのコラボ企画です。今回は、『今昔まち歩きツアー』に参加しました!

・今回開催の2つのツアー・

1.『今昔まち歩きツアー』(10月30日〜開催)
 戦災によって失われた富山の姿を「古写真」や、「戦前の絵はがき」と共に巡ります。
 「ブラ○モリ」のようなツアーです。

2.『松川遊覧船とまち歩きで学ぶ
戦前富山のまちづくり』(11月27日〜開催)
 親子向けのモニターツアー。神通川改修工事と、昭和時代の都市計画がテーマで、富山市の今のかたちができた歴史を辿ります。学びのツアーです。

 早速、GL編集部員が初日に参加して参りました!
 まずは、クルーズでスタートして上流舟橋に向かいます。舟橋手前で下船し、老舗のます寿司屋さんが立ち並ぶ七軒町を歩きました。船上はベテラン船長さんが、陸上はベテランガイドさんが案内してくれます。「今昔まち歩きツアー」専用のガイドブックを持って、現在のまちの風景を目の前にしながら、古写真と比較して、脳内タイムスリップで行ったり来たり。昔の賑わいや光景を想像しながら、この界隈の歴史に想いを馳せました。
 船に戻って今度は下流へ。クルーズ中は、3社のます寿司を食べ比べ。風流な時間が流れます。いたち川との合流点では、魚のえさやりタイム。乗り場に戻ってからは、城址公園内の現代と昔の光景を古写真で比較しました。富山市は、残念ながら戦災で街の99・5%を焼失。現代の建築や都市整備に囲まれていますが、ガイドさんのお話を聞きながら周辺を巡ると、郷愁と歴史の息づかいがちゃんと聞こえてきましたよ。

主催運航実施:富山観光遊覧船(株)/旅行企画実施:(一社)地域・観光マネジメント

 


おすすめ