“情熱”をもって政治に取り組む

富山県議会 議長 高野 行雄 さん
Yukio Takano

 「私は5人兄弟の4番目。上に兄と姉2人、下に妹がいます。兄はもう亡くなりましたが、一緒に土石業をやっていました。父も県議会議員で、父の選挙を手伝っているうちに、なんとなく周囲から、出れ、出れ、という感じになって。自民党県連の青年部にも入れと言われて、入って、部長もしていましたし。それと、自分自身でも、地元の状況を見ていて、こういうことをしていては駄目だな、という気持ちが出てきたんですね」と最初に選挙に出た当時を振り返る。



続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい