【其ノ百二十三】 贔屓の引き倒しはやめて

柳家さん生・・・昭和32年、富山市西町に生まれる。上野鈴本演芸場等、寄席定席に出演のかたわら、都内各所にて勉強会、独演会を精力的に開催、活躍中。
HP▼http://sun-show.net/

 久しぶりに地元出身の力士「朝乃山」が活躍をしている。前頭の上位にきて、ますますの活躍が期待される。若くて顔もイケメン?で取り組みもなかなか正統な本格的取り組みをする、かなり期待のできる力士であります。
 相撲、ボクシング、プロレスなど興行の世界です。スポーツ精神のフェアプレイなどは持ち込むことが間違いであると思います。何も八百長とかそういうことではないのです。興行としてのプロは、来て頂けるお客様がどれだけ喜んでくれるか、が本分であると思うのです。最近はテレビなどスポーツとしての扱いでなにかとフェアプレイでないことを悪のように扱い、排除する傾向が見られるのです。悪と正統派、これがあいまみえるからこそ、面白いものが見られると思うのです。
 相撲道という我が国独特の「道」を極め、末は横綱を夢見せてもらうからには、贔屓の引き倒しなどならぬよう、温かく見守りたいものです。相撲は特に後援会がしっかりして、おらが国さの力士だと、連れ回したり挨拶だなんだと稽古の時間を取り上げることだけはしないでほしいと願うばかりです。
 いやはや まいどはや


コメントを残す


あわせて読みたい