【其ノ十五】 落語家への道 〜その四〜

柳家さん生・・・昭和32年、富山市西町に生まれる。上野鈴本演芸場等、寄席定席に出演のかたわら、都内各所にて勉強会、独演会を精力的に開催、活躍中。
HP▼http://sun-show.net/

 夏のホームステイから戻った私はシェイクスピアに魅せられ、ただただ役者になりたく、なぜと言われてもとにかくなりたくて、日々親に訴えます。しかし当時でも、まだまだ役者は河原乞食の感があり、とても許しが出ません。
 そんなとき目に飛び込んできたのが、日本大学芸術学部。いわゆる日芸です。演劇学科が希望でしたが、役者なんて、という親と意見が合わず折衷案が浮上。同じ日芸でも、放送学科ならいいというのです。ここなら将来放送局にでも就職できるだろう、というわけ。


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい