33.パリで日本を味わうコツ

ヒロコ

富山県出身。アメリカ人の旦那グレッグと、インドで出産した娘、愛子の3人家族。カナダで1年、イギリスで1年、インドで3年半、アメリカで4年、そして2012年3月からはフランスのパリに住むことになりました。

 パリに住んでいる日本人は現在約3万人。観光客はもちろんのこと、学生、会社員、フランス人の配偶者、私のような海外赴任者などなど。パリを歩いていて、日本人を見ない日はない。それゆえこのようにパリにいても日本人と知り合いになる機会は多い。とはいっても、やはりパリは異国の地。日々の生活の中で時々、無性に日本が恋しくなるのは、日本人なら誰でもそうであろう。


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい