39.日本サッカー協会

ヒロコ

富山県出身。アメリカ人の旦那グレッグと、インドで出産した娘、愛子の3人家族。カナダで1年、イギリスで1年、インドで3年半、アメリカで4年、そして2012年3月からはフランスのパリに住むことになりました。

 娘の愛子は日本サッカー協会で行われているサッカークラブに毎週日曜日通っている。ここではサッカーコーチが全て日本人、生徒は6割が純日本人、3割が日本人と外国人のハーフ達、1割が純フランス人か多国籍の子達である。サッカーコーチの指示は日本語であり、わからない子には、フランス語か英語で補助してくれる。ここではもちろんスポーツ精神を通して、日本人ならではの挨拶、お礼などの基本的な躾も学んでくれるので親としてはありがたい。私達のような国際夫婦の子供にとっては、ここで日本語を通してサッカーを学んだり、日本人の友達と日本語で会話をしたりできるので、日本語を実際に学ぶ場としても貴重なクラブである。


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい