54.映画「人生の約束」

ヒロコ

富山県出身。アメリカ人の旦那グレッグと、インドで出産した娘、愛子の3人家族。カナダで1年、イギリスで1年、インドで3年半、アメリカで4年、そして2012年3月からはフランスのパリに住むことになりました。

 Bonne Année! 2017年明けましておめでとうございます! 今年もご愛読のほどよろしくお願い致します。今回は珍しくパリではなく富山についてです。それというのも、年末年始を主人の里アメリカで過ごしたのですが、その時の飛行機の中で見た映画『人生の約束』に非常に感動し、故郷の富山が非常に懐かしく感じたからです。監督は石橋冠さん、主演は竹野内豊さん。新湊の曳山祭が舞台の物語。この映画で、富山の美しさに心が震えました。雪の積もった立山連峰のなんとも言えない神々しい美。青空に映える眩しい限りの富山湾。曳山祭の山車の壮大な迫力! 聞き慣れた富山の方言が聞こえる新湊弁のセリフ。私が幼なかった頃、新湊の親戚の家で、この曳山祭にお呼ばれしていたことを鮮やかに思い出しました。それは映画のワンシーンのように、二階の窓から見える山車の行進。「イヤサーイヤサー!!」とういう力強い掛け声。子供ながらに祭りの勢いに大興奮して、まるで夢の国にでも迷い込んだような錯覚を覚えてます。


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい