57.フランスで見る桜

ヒロコ

富山県出身。アメリカ人の旦那グレッグと、インドで出産した娘、愛子の3人家族。カナダで1年、イギリスで1年、インドで3年半、アメリカで4年、そして2012年3月からはフランスのパリに住むことになりました。

 海外で暮らしていても、外国生活が長くなっても、私自身が、やはり生粋の日本人だとな感じる桜の季節。パリはだいたい3月末から4月中旬にかけて桜が満開になります。白や、淡いピンク、濃いピンクの桜が、至る所で咲き乱れます。フランスの桜は、日本の桜とは種類が違うので、ここで純日本の桜はなかなか見られないのですが、外国に住んでると、日本の桜に似ているだけでウットリするものです。フランス人の友達は好奇心と不思議を混ぜた表情で私に聞きます。「なぜ日本人は桜を観ながらピクニックをしたりお酒を飲むのが好きなの?」 私は当たり前のように答えます。「桜が綺麗だから嬉しくなるでしょ! 心が弾み、みんなで楽しく語り合いたいでしょ」 と言うと、またまた不思議そうに、「桜は綺麗だけど、他の花も綺麗よ。なぜ桜だけ特別なの?


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい