62.フランスでの子供の誕生会

ヒロコ

富山県出身。アメリカ人の旦那グレッグと、インドで出産した娘、愛子の3人家族。カナダで1年、イギリスで1年、インドで3年半、アメリカで4年、そして2012年3月からはフランスのパリに住むことになりました。

 世界共通だと思うが、フランス人も子供の誕生会をするのが好きである。学校では、幼稚園と、小学校1年生までは、クラスで先生が誕生会をしてくれて、誕生日の子供の親はケーキや飲み物などクラスの生徒人数分、用意してくれと頼まれるのである。大体25〜30名クラスにいるので結構大変である。でも毎月誰かの誕生会があるので、娘の愛子は大喜びであった。家族が主催でやるパーティの場合、パリはアパートが狭い為か、家に招待するというよりは、どこかのアトリエでパーティを開催するのが流行りのようだ。例えば、愛子が招待された経験から言えば、美術館での誕生会が多い。これは子供達にデッサンや工作などを教え、芸術を鑑賞しながら、そして誕生日を祝うみたいな…。しかもさすが芸術の街パリ。美術館でも種類が多い。映画の美術館、子供美術館、デッサン美術館、彫刻美術館、ドレス美術館、操り人形美術館、カメラ美術館などなど。


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい