雄山神社 前立社壇(岩峅寺)と祈願殿(芦峅寺) (立山町)

緑あふれる清々しいパワースポット

 

 雄山山頂の峰本社の里宮である雄山神社前立(まえだて)社壇(岩峅寺)と、中宮(ちゅうぐう)である雄山神社祈願殿(芦峅寺)。ともに、緑があふれる清々しい場所である。
 雄山神社は、霊峰立山を神体とし、立山の神として伊邪那岐(イザナギ)神(立山権現雄山神・本地阿弥陀如来)・天手力雄(アメノタヂカラオ)神(太刀尾天神剱岳神・本地不動明王)の二神を祀る。神仏習合の時代には仏教色の強い神社であり、立山修験の源であった。なお、峰本社、祈願殿、前立社壇の三社は三位一体の性格を持っているため、どの社殿に参拝してもご利益は同じとされているそうだ。
 前立社壇の入口には、昭和天皇御製の「立山の空に聳ゆるををしさに ならへとぞ思ふみよのすがたも」の石碑が立っている。 

 

 


おすすめ