浜黒崎浄化センターと浜黒崎の海辺(富山市) 

とても大規模な浄化センターと広大な富山湾

 以前から気になっていた富山市浜黒崎浄化センターを訪れた。関係者用の駐車場は入れないので、近くの水橋フィッシャリーナの駐車場に停めさせてもらい、浜黒崎の海辺を歩きながら向かった。途中、無人のゴミボックスが設置されており、海岸美化に取り組んでおられる方がいることを知った。遠く能登半島が美しい。途中、キャンプ場もある。
 浜黒崎浄化センターは、各家庭などから出された汚水や生活廃水をきれいな水に戻しているところで、神通川と常願寺川に挟まれた富山市の中心地区の下水を処理している。ホームページによると、昭和54年4月に運転を開始したそう。敷地面積は9万8360平方メートル。敷地の南側にある公園まで歩いてみたが、一辺がとても長くてくたびれた。
 富山市中心部の下水が、時には雨水も合わせて、松川の下をくぐってここまで流れているのだと思うと興味深い。





 

 


おすすめ