松川雨水貯留施設建設工事 安全祈願祭と起工式を挙行

平成24年11月21日㈬ 富山市丸の内1丁目地内にて

 さる11月21日㈬午前9時から、松川雨水貯留施設建設工事の安全祈願祭と起工式が、富山市丸の内1丁目地内(富山市立図書館横)で挙行された。
 この工事は、富山市中心市街地の浸水被害の軽減と、一級河川・松川の水質改善を目的として、外径6m、内径5m、延長約1・1㎞、貯留量約2万tの地下トンネルを図書館南側を起点に西町交差点までの道路の地下に建設する。総事業費は約48億円を見込んでいる。全体の工期は、平成29年度までの6年間を予定。施工者は、佐藤・前田特定建設共同企業体。





コメントを残す


あわせて読みたい