第23回〝水の都とやま〟取材の旅 参加記者の声②

開催日時/平成30年5月27日(日)〜28日(月)
協賛/(公社)とやま観光推進機構、富山市商工労働部観光政策課、富山観光遊覧船、富山市郷土博物館、梅かま、池田屋安兵衛商店、月世界本舗、島川あめ店、ホテルグランテラス富山


▲富山を訪れるのが初めてという記者も、すっかり富山ファンに!

 

◇田中慎二さん/たびこふれ(東京)編集局長
 「こふれ」というのは、フランス語で宝石を入れる小箱という意味で、旅に関するブログサイトを運営しています。富山は初めてですが、富山が〝幸せ度第1位〟である理由を自分なりに確かめたいとテーマを持って、参加させていただきました。特に良かったのが、昼と夜の松川遊覧船。すごく心が穏やかになっていい体験でした。また、特産品のお店を回る中で感じたのは、富山を大好きだという地元の方の熱い思い。これらを上手く表現して、全国の皆さんにお伝えしたいと思います。

◇末永朋子さん/メディア中国(広島)
 富山は初めてでしたが、地元の広島と似ているなというのが第一印象。けれど、ここまでコンパクトで駅から降りてすぐ歩けるというのは珍しいですし、徒歩圏内に自然、グルメ、アート、パワースポットみたいな旅行に求める要素がぎゅっと凝縮されているところが素敵だなと思いました。お店の方達がとても温かく接してくださったのも印象的で、会話を楽しんだり、出会いを楽しんだりする、〝心和む〟をテーマに紹介できたらと思っています。

◇マシュー・ハーノンさん/Tokyo Weekender(東京)
 「Tokyo Weekender」は、日本では一番古い英語の雑誌。富山は2回目ですが、今回の旅の企画はとても面白かった。緑がいっぱいで、駅の近くに川やお城やお店があり、本当によかったです。ぜひ、また来たいと思っています。

◇鈴木茉莉子さん/LOBE TABI(東京)
 富山には2年間、転勤で住んでいたことがあるのですが、自然を市内中心部でも感じることができるのが魅力。街の中心からも立山が見え、松川もあるし、30分で海にも行ける。すごくストレスフリーな状況の上、人も温かいですよね。今回は市内で歩いて回れる場所をメインに紹介していただきましたが、20、30代の女性をターゲットにしている女子旅の媒体なので、コンパクトな楽しみ方を女性目線で発信したいです。

◇遠藤峰愛さん/KYOTO JOURNAL(京都)
 「KYOTO JOURNAL」は京都だけの雑誌と思われがちですが、基本的にはアジアの文化やライフスタイル、情報を掲載する外国人向け雑誌です。私はフィリピンのマニラ出身で、日本は5年目。富山は初めてでしたが、ローカルでトラムもある雰囲気がとても好きになりました。今度は別の季節にも来たいです。


コメントを残す


あわせて読みたい