30★「本当の夜をさがして」


本当の夜をさがして
ポール・ボガード・著
上原直子・訳 白揚社

 

中林みぎわ〈Profile〉

◆宮城県生まれ。富山県天文学会会員。平成14年から21年まで富山市天文台勤務。現在は、子育てをしながら富山市科学博物館ボランティアとして活動。好きなものは、星と月、本、石、博物館巡り、お菓子作り、ビートルズ。

 光害(ひかりがい)という言葉をご存知ですか。ごく簡単に言うと、無駄な、あるいは過剰な光によって引き起こされる公害のことです。聞き慣れない言葉かもしれませんが、欧米では19世紀の終わりにはすでに光害が問題視され始めています。日本でも1924年、光害を理由に東京天文台(現在の国立天文台)が麻布から三鷹に移転しました。雲も月明かりもないのに街の中であまり星が見えないのは、この光害の影響です。このように書くと、光害があっても星が見えにくくなるだけじゃないかと思われるかもしれません。私も15年ほど前に「光害だと言って、一部の人の趣味のために何で明かりを消さないといけないんだ?街灯があるから夜でも安心して外を歩けるし、お店の営業効果もあがる」と言われたことがあります。その時は不勉強で何も言えませんでしたが、当時、本書と出会っていたなら光害についてきちんと議論できていたと思います。本書では光害による悪影響―エネルギーの浪費、人間の健康への影響、交通事故や犯罪の増加、野生生物の生態の乱れなど―を、一つ一つ引用先を示しながら紹介しています。特に興味深いのは、人間の健康への影響です。例えば、夜間に人工の光を浴びることでメラトニンの生成が抑制され、がんを発症するリスクが上がるという研究結果が示されています。また、夜間の犯罪について、私たちは「街灯が多く夜も明るいところでは犯罪が少なく、暗いところでは犯罪が多い」と思いがちですが、本書によると、イギリスでは深夜以降街灯を消すことで、犯罪が最大50パーセントも減少したそうです。ただ、本書において筆者は夜間の明かりを全て消すべきだとは言っていません。夜間、安全に外を歩くためにはある程度の街灯は必要ですが、その街灯を点灯させる時間や照明器具、照らす方向などを工夫するだけで、光害をかなり減らせるとしています。
 エネルギー削減、健康維持、自然保護、安全な町づくり。光害を減らすことによるメリットはたくさんあります。綺麗な星空を求める人だけではなく、多くの人に読んでいただきたい一冊です。


コメントを残す


あわせて読みたい