作成者: ヒロコ

48.Euro 2016

 最近、ついてなかったフランスに明るい光が照り始めた! それが2016年のEuroサッカー試合!! フランスが今強い!! 7月5日現在では勝ち続け、ついに7月7日にフランス対ドイツの準決勝をむ...

47.不運でざわめくフランス

 最近のフランスはあまりいいことがない。厄年? とでも疑いたくなる今日この頃。2015年は2回もテロリストに狙われ、今年に入り、寒い寒い天候に、雨、雨、雨。ついにセーヌ河の氾濫まで数都市で起こ...

46.ロワール地方のお城巡り ②

 今回はアンボワーズ城。ここは個人的にとても印象に残りました。なぜならあの世界的に有名な天才と崇められるレオナルド・ダ・ヴィンチが、この城の敷地内のサン・ユベール教会堂に埋葬されているからです...

45.ロワール地方のお城巡り ①

 せっかくフランスにいるのだからと、パリ近郊にあるロワール地方のお城巡りに行ってきました。ここは大きな素晴らしいお城が幾つもあることで有名です。まず一番鮮明に印象に残ったのが、シャンボール城。...

44.ストレスだらけの配達

 フランスにきて、人生で最大と言っていいほどの超ストレスな配達を経験した。というのも、購入した娘のクローゼットが、アパートの入り口の螺旋階段を通らず、木製で非常に重い事もあり、運んでいたボスの...

43.フランス人のグレーな生き方

 タイトルを読むだけでは、一体どういう意味? と感じたであろう。この答えは、Yes or Noの間の“どちらでもあり”である。例えば日本語で言うなら、白黒はっきりさせる。この二つを混ぜてできる...

42.暖冬現象

 今回の冬休みは、私達は富山で過ごすことにした。非常に驚いたことは、毎年この時期は雪が積もる富山なのに、暖冬ということで雪もなく、寒さも厳しくない過ごしやすい12月であった事だ。娘の愛子は、雪...

41.世界の平和を願って

 2016年が明けました。ここで2015年を少し振り返ってみると、私の住んでるパリでは色んな不幸な事が起こった年でもありました。大きい事件をあげれば、1月に起きたシャルリー・エブド銃撃事件、年...

39.日本サッカー協会

 娘の愛子は日本サッカー協会で行われているサッカークラブに毎週日曜日通っている。ここではサッカーコーチが全て日本人、生徒は6割が純日本人、3割が日本人と外国人のハーフ達、1割が純フランス人か多...

38.南フランスの町 Sète

 夏のバカンスを南フランスの小さな港町Sèteで過ごしてきた。3週間過ごした、日常の中でのパリとの違いを少し述べてみたいと思う。まず同じフランス人でも、南仏の人は親切で話しやすい印象を受けた。...

37.フランスの7、8月

 7・8月は夏休み真っ只中、フランスではこの2カ月間、学校がお休みになる。企業やお店なども8月は3〜4週間普通に営業をやめて休みになってしまう。こんな自分勝手で理不尽な事が通ってしまうから不思...

36.unaccompanied minor flight ticket(アナカンパニード・マイナー:付添いの無い未成年)

 皆さんは、この特別航空券をご存知ですか? 私は最近知ったのですが、大人の同伴者無しで、子供だけで飛行機に乗れるサービスです。航空会社によって、適応される子供の年齢や、条件は異なりますが、今回...

35.日本人学校

 海外に住んでいて、子供がいると、あって嬉しいのが日本人学校。やはり自分が日本人ということもあり、我が子にはぜひ日本語を学んでもらいたい。大都市には日本語学校は幾つか選べる選択肢もあるのだが、...

34.私達のペット 猫 in Paris

 私達は猫二匹をアメリカからフランスに連れてきた。もちろん獣医にいろんな予防接種を打ってもらい、健康診断もして、厳しい書類検査も全てやり、準備万端でパリへとやってきたのである。なのに、入国審査...