[富山「ほっ」と空間]高王白衣(こうおうひゃくえ)観音菩薩(富山市・呉羽丘陵)


 大正時代から昭和にかけ、富山県を代表する代議士として活躍した高見之通(ゆきみち)氏の念願に成る。氏は明治13年富山市に生まれ、東京帝大を卒業し弁護士を開業。その後国政を志し、当選7回を果たした。郷土にあっては地方発展に貢献、飛越鉄道(高山線)の開通、紡績工場の誘致、当時苦境にあった売薬業への印紙税の撤廃に尽力、伝統産業に活路を開いた。この頃、氏に思いもかけぬ災が降りかかる。政界の松島事件に巻き添えにされ、家族・郷友憂いに暮れ、夫人は病床に臥した。氏は自身の潔白と夫人の平癒を祈念し、相国寺に入って禅の教えにすがり高王白衣観音菩薩(三十三観音の一菩薩)の延命十句観音経を日夜唱え続けた。すると天地これに感応して無罪と健康を与えられたという。この仏恩に報いんと、氏はこの呉羽山が聖地と悟りここに観音像が安置された。(案内看板より)





おすすめ