【其ノ百四十二】なにがあろうと…

柳家さん生・・・昭和32年、富山市西町に生まれる。上野鈴本演芸場等、寄席定席に出演のかたわら、都内各所にて勉強会、独演会を精力的に開催、活躍中。
HP▼http://sun-show.net/

 今年の初めに、誰がこんなご時世になるなんて思っていたでしょう。そんな中でも庶民は生きていくのです。今年は春の行事が次々と延期中止になっています。それでも桜は見事に咲き誇っていました。花見を控えてください、などと言われていました。花見を控えるだの、今年できないなんて誰が言っているのでしょう。花見の宴を控えてください、と言うのが本来の言い方でしょう。
 花見は花を愛でるものです。それを控えるなんてできるわけがない。今年もあちらこちら花を愛でに行ってきました。それなりに気を使いながらですが。
 日本に生まれ育ったものには「花見」と言えば桜なのです。菊は菊見。梅は梅見と言います。花見には宴会も余興もつきものではありました。昔も花見の場所で仮装をして出かけることが派手になりすぎ、仮想まかりならんと御触れが出たこともあるそうです。世間に何があろうと季節は巡り、花は咲き誇るのです。宴会だけが花見ではありません。まして季節の移ろいは素敵なものです。是非是非、自分なりに季節を感じ、匂いや風を感じて過ごしませんか?
 いやはやまいどはや


あわせて読みたい