17.クリスマス(ノエル)

ヒロコ

富山県出身。アメリカ人の旦那グレッグと、インドで出産した娘、愛子の3人家族。カナダで1年、イギリスで1年、インドで3年半、アメリカで4年、そして2012年3月からはフランスのパリに住むことになりました。

 フランス語ではクリスマスのことをノエルといいます。パリでは12月に入ると、あちこちでモミの木が売られ始めます。そう、クリスマスツリー、フランス語ではサパン。花屋さんは勿論のこと、大きな広場に一時的にモミの木が沢山並ぶのです。大きさは小さいのから大きいのまで様々です。パリには車を所有してない人が多いので、この時期に、モミの木を担いで歩いてる人をよく見るようになります。フランス人は、好んで生木のモミの木を買う人が断然多いです。そして、クリスマスはやはり家族が集まってお祝いするのが普通。


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい