革命の歯科医療で、虫歯のない社会をめざす!

丸の内歯科医院 院長
永森 司 さん

 10月末、NHK『プロフェッショナル』で、「ぶれない志、革命の歯科医療」として紹介された熊谷崇氏のイノベーションと10年程前に出会い、予防を重視した診療を行っている永森さん。なぜ、予防に力を入れるようになったのか。そのきっかけやこれからの夢などを聞いた。

 「平成14、15年の頃、生えたばかりの永久歯がもう虫歯になっているという患者さんが続いて、穴があいたから削って詰める、というのを待っているだけじゃだめなんじゃないか。何かきちっとした治療法があるんじゃないか、と」
 歯磨き指導も行なっていたが、悪いところがないかチェックするだけの定期検診では、粗探しのようになり、途絶えてしまう。


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい