東山円筒分水槽(魚津市) 

農業用水を3用水路へ配分

 

 魚津市にユニークな分水槽があると知り、訪れてみました。
 案内看板によると、片貝川は急流で、豪雨時には水害、夏期には深刻な水不足に悩まされ、水争いが絶えなかったそうです。明治43年に民主的な分水のための組合が組織されましたが、粗悪水路のため、水不足は解消されませんでした。
 昭和13年(1938年)、黒谷地区に取り入れ口(黒谷堰堤)を設置、戦争により工事を一時中断しましたが、昭和25年に再開して5カ年で農業用水施設が完成しました。
 以来、約60年経過した現在でも、安定した用水の供給に貢献しているとのことです。
 水は、貝田新より片貝川をサイフォンで横断して水路トンネルで運ばれ、上流からの水量の変化に影響されることなく、公平に分配されています。このような先進的な仕組みが60年も前に作られていたとは驚きですね。



▲クリックで拡大

 


 

 

 

 


おすすめ