朝日山公園見晴らしの丘(氷見市) 

富山湾や市街地が一望できる

 

▼富山湾を一望

 朝日山公園見晴らしの丘は、令和3年3月に完成した公園。地震や津波などの災害時の避難空地として、防災上の機能も有している。
 県事業の七軒町地区急傾斜地崩壊対策事業と一体化して、整備が行われた。平成10年から、用地買収、立木補償、公共トイレ整備、駐車場整備など、毎年少しずつ工事が進められてきた。
 長さ23メートルのローラー滑り台などで30種類以上の遊びが楽しめる他、約1万平方メートルの芝生広場やさまざまな活動に利用できる休憩施設のセンターハウスなどがあり、子どもから大人まで、氷見の自然や景観を感じながら伸び伸びと過ごせる場所である。

参考/氷見市ホームページ、他

 

▼2022年10月8日開館の氷見市芸術文化館も見える

▼子どもが喜びそうな大型複合遊具

 


おすすめ