48. マイクさん(アメリカ合衆国)

プロフィール

出身国…アメリカ フィラデルフィア 趣味…旅先で写真を撮ること お国自慢…アメリカの多様性。世界中から幸せを求めて様々な人が来る。誰にでも、幸福になるための平等なチャンスと権利がある。それがアメリカ。まだまだ課題はあるが、それでも、特にアフリカ系アメリカ人らは人生のあらゆる面において成功を収め続けて来ている。 海外在住経験…40カ国以上旅しました。日本合計で3年半(富山1カ月) 来県のきっかけ…妻が富山の人です。子供が生まれ、アメリカよりここ富山で育てたいと思いました。

☆富山に来た時の第一印象は?
 僕はまだ寒さと雪の中の富山しか見られていませんが、それでも何度か雲が晴れて、圧倒的な美しさの山々を眺めることができています。日本は私が旅行してきた国々の中で最も美しい国です。日本のあちこちいろんな場所で暮らしたことはありますが、立山連峰のような山々を見たことはありません。立山連峰の光景は、僕にとっては日本ではなく、ヨーロッパを想い出させますが、でも僕は立山が大好きですよ。春、富山城や運河のそばでのお花見が待ち遠しいです。それから夏も!花火もありますね!四季の全てを体験したいです!そしたらほんとの富山人になれる気がします!

☆出身国と比較していかがですか?
 いろんなところを旅すればするほど、人間皆同じなんだと感じています。世界のどこに行っても、みな同じ夢を持ち、同じように目標を持ち、同じように不安も抱えている。自分たち自身のことや、子ども達のこと。旅して僕自身が歳を重ねれば重ねる程、人々との間に「違い」というものを見つけるのが難しくなります。僕が初めて日本に来たのは2004年のことでした。当時まだあまり日本を充分見れていなかったがために、ありとあらゆるものが異質に見えました、特に食ですね。今では大好きになりましたが。全てが自分の国とは違っていたし、正反対でしたね。ですが今となっては、アメリカよりも日本のほうがリラックスできます。
 大抵の国では、人は他人を利用しようとして、言ってることとやっていることが違ったりする。日本は僕が見て来た中で、ほとんどの人が“やろうと思っているんだ”と語ったことを行動に移し、他人の気持ちや時間を尊重していて、人を利用しようとしたりしない唯一の国です。
 ですが、私個人の希望としては、日本人の皆さんがもっと自分の考えや意見、理想などを受入れ、表現し、もっと国際人として自立していく姿を見たいと思うのです。アメリカに盲目的に追随して暗闇の中に落ちて行くことなどしないでください。一つの国として、独自の、独創的なより良い道を創造してください。


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい