平和の像と宇奈月温泉街、黒部川の眺め(黒部市宇奈月温泉)

山頂から温泉街を見下ろすブロンズ観音像

 宇奈月温泉街を見おろす大原山に、巨大な観音像が立っている。そこまで車でのぼれると知り、出かけてみた。温泉街からの道は思っていたよりも狭く、ガードレールもないので、注意しながら進んで行くと15分程で到着。その大きさに圧倒された。ブロンズ像は12・7m、全体の高さは21・8m。木彫界の権威で宇奈月出身の日展作家・佐々木大樹先生の作品である。
 標高565・8mの山頂からは、宇奈月温泉街、黒部川、扇状地、富山湾が一望できる。
 温泉街におりてから、スペインの建築家、エンリック・ミラレスが設計した「想影展望台」へ。こちらは、ユニークな形に驚いた。




コメントを残す