柳町天満宮 於保多神社

 富山市柳町の於保多神社は、創始が弘長3年(1263年)と古い。菅原道真を祭り、後に富山藩祖前田利次、2代藩主正甫、10代藩主利保を合祀した。宝物には菅原道真公筆三社託宣書、菅公渡唐絵像等がある。境内には、2代藩主前田正甫の鋳造した時鐘で作った正甫公頌徳碑や、西南役記念碑、富山藩の子弟の教育に功労のあった小西有実、有義、岡田呉陽の記念碑などがある。


コメントを残す


あわせて読みたい