\\祝・全線開業50周年!//立山黒部アルンペンルート全線開通 4/15[Thu]

▼すっきりと晴れ渡った青空の下、雪の壁の間をバスが通り抜ける

 電鉄富山駅と長野県・信濃大町の間(86・5㎞)を電車、立山ケーブルカー、立山高原バス、立山トンネルトロリーバス、立山ロープウェイ、黒部ケーブルカー、関電トンネル電気バスで結ぶ立山黒部アルペンルートが、4月15日に全線開通した。今年は全線開業50周年を記念して、バスが通過する道路上に1車線のみの区間を整備し「開業当初の雪の大谷」を特別に再現した。雪の大谷メモリアルウォークは6月22日まで。なお、今年の「雪の大谷」最高地点の高さは、4月15日測定で14mだった。 

 


▲雪の回廊(〜6/22。室堂ターミナル屋上)


▲立山黒部貫光の見角要社長があいさつ


▲開業当初の雪の大谷(1車線)を再現!


▲除雪車「立山熊太郎」


おすすめ