【其ノ百四】らしく生きること

柳家さん生・・・昭和32年、富山市西町に生まれる。上野鈴本演芸場等、寄席定席に出演のかたわら、都内各所にて勉強会、独演会を精力的に開催、活躍中。
HP▼http://sun-show.net/

 最近テレビを見なくなりました。この仕事で見ないのもどうなのだろうとは思います。しかし、この頃のテレビ、特に地上波の番組などは見るに絶えないものばかりです。大勢でクイズをやり如何に相手がバカであるかを笑ったり。若い子が年に似合わぬものを食べては美味いのなんだのとレポートしているのを見ると、ただただ呆れるばかりです。たまに見て気になるのは、やたらと健康や長寿に関する器具やサプリメントの類の番組です。
 何歳に見えますか?などと言ってとてもそんな年には見えないと。そしてこのサプリメントのおかげであると。確かに若く見えることが決して悪いこととは思いません。ですが、しかしですよ…
 「年相応」という言葉があります。それぞれの年代にふさわしいいでたちや雰囲気、振る舞いなどでその人がより素敵にみえるのではないでしょうか。またその人なりの人生の皺や老けがあるからこそ、らしくみえるのではないでしょうか。ぜひ「ぶる」のではなく「らしく」、そのことが如何に人から見て心地よいものであるか思いながら暮らすことの楽しさを感じてほしいものです。
 いやはや、まいどはや


コメントを残す


あわせて読みたい