10.マルシェ(市場)

ヒロコ

富山県出身。アメリカ人の旦那グレッグと、インドで出産した娘、愛子の3人家族。カナダで1年、イギリスで1年、インドで3年半、アメリカで4年、そして2012年3月からはフランスのパリに住むことになりました。

 フランスといえばマルシェが盛んです。フランス人は新鮮な物、特に旬の物を食べるのにこだわります。旬の物だからこそ、その野菜、果物、独自の味がぎっしりと詰まっていて格別に美味しいのです。正直、マルシェで買う食材は、今まで食べていた味の味覚を完璧に変えてしまうくらい味の違いにびっくりさせられます。まさに驚きの発見です!マルシェといっても、大きい規模から小さい規模のもの、曜日も異なり、パリの至る所にあります。朝の早くから、だいたい昼の2時くらいには終了するところが多いです。パリといっても、1区から20区まであり、その区よって独自の顔があります。なので高級な区にあるマルシェは、質も高く値段も高い相場になります。それに比べ、比較的住みやすい区になると、マルシェの質も善し悪しとなり、値段もお手軽となります。


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい