46.ロワール地方のお城巡り ②

ヒロコ

富山県出身。アメリカ人の旦那グレッグと、インドで出産した娘、愛子の3人家族。カナダで1年、イギリスで1年、インドで3年半、アメリカで4年、そして2012年3月からはフランスのパリに住むことになりました。

 今回はアンボワーズ城。ここは個人的にとても印象に残りました。なぜならあの世界的に有名な天才と崇められるレオナルド・ダ・ヴィンチが、この城の敷地内のサン・ユベール教会堂に埋葬されているからです。また、ダ・ヴィンチは、このお城から歩いて10分くらいのクロ・リュッセで生活していました。そして、こことお城とは地下道でつながってもいるのです。前回でも述べたように、ダ・ヴィンチは、国王フランソワ1世に才能を買われてイタリアからここに1516年に越してきます。そして亡くなる3年間をここで過ごしたのでした。このようにダ・ヴィンチと深く関連性があるこのお城に私は胸が騒ぐのです。このクロ・リュッセでは、ダ・ヴィンチのいろんな発明を、この広い家の庭で実際に幾つか体験できたりもできます。


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい