水の都の歴史を生かし、県都の魅力づくりを!

富山県知事 石井 隆一 さん

平成元年、中沖前知事がアメリカのベニスをめざし成功したサンアントニオを訪問して以来、〝水の都〟の歴史を生かした街づくりの気運が高まっている。6年前、「川と街づくり国際フォーラム」も開催され、県・市議、元行政マン等19名が、また一昨年は森富山市長が現地を視察。今月は、石井知事に県都の魅力づくりを伺った。

 北陸新幹線が開通するとストロー現象が起きるのでは、と危惧される富山県。
 「ビジネスでも観光でも、富山に来てもらうための魅力づくりが早急の課題です」
 今年置県126年を迎える富山県。これまで地域産業の振興や企業誘致に力を入れてきた。
 「嬉しいことに富山県の医薬品業界が大変好調で、平成18年には生産額が全国8位から4位に躍進。また、産業用ロボットをはじめ、先端的な企業の活躍もめざましい。ものづくりなどのビジネスの話は、日本海側ではまず富山に行きたいと言われるようにしたい」
一方、県都・富山の観光面での魅力アップが叫ばれている。


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい