11. ラダ・セメツカさん(チェコ共和国)

プロフィール

生年月日…2月14日 出身国…チェコ共和国 テプリツェ市 趣味、特技…手工芸、音楽鑑賞、水泳、ガーデニング、旅行など お国自慢をどうぞ…田舎の美しい景色、プラハのような世界遺産、カレル4世を始めとした歴史的人物達 海外在住経験国…ラトビア2ヶ月半、ロシア3ヶ月、アメリカ3ヶ月、富山1年半 来県のきっかけ…富山ガラス造形研究所 准教授

☆富山に住んで感じた事、思う事
 山があって、海があって、平野には田んぼや畑が広がっていて、自然が豊かでとても美しい光景だと思います。

☆出身国、在住経験諸国と比較して
 街の構造が違いますね。ヨーロッパの街はコンパクトですが、富山の街は拡散型で車が必要です。富山とアメリカの街構造は似ていると思いました。
 そしてもちろん、言語文化が違う。日本の伝統や礼儀作法の感性に敬意を感じます。それらが大切に守り伝えられているのは本当に素晴らしいことです。
 気候は、チェコは乾燥しているのですが、富山は湿度が高く空気がしっとりしていますね。
 そうそう、竹が美しいですね。チェコには竹はないんですよ。タケノコも食べましたが美味しかったですよ。
 住まいの造りで言うと、日本の家屋は窓が大きく、窓の外にすぐ庭が見え、自然をそばに感じられる、庭と一体感のある構造をしているのが素晴らしい。チェコの住まいは四角い建物の中心に中庭があり(そこに植物は植えてない)、家屋と庭はきっちりと区分けされています。チェコの冬は非常に寒く、いつも凍結するのでこのような造りになっています。


 ガラス工芸については、チェコでは産業レベルになっているため、規模が大きい。チェコの伝統工芸は、型吹きや、装飾(カッティングや彫刻、エナメルなど)が殆ど。工房ではキルンワーク※1や、コールドワーク※2を行います。チェコの伝統的なホットショップ※3やガラス素材は、イタリアの伝統や富山のやり方とは違っていますね。。


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい