13. ガリマ・カウル さん(インド)

プロフィール

生年月日…9月6日 出身国…インド ニューデリー 趣味、特技…料理、絵を描くこと お国自慢をどうぞ…インドの文化、伝統、技術の急速な進歩(特にIT産業、医薬・医療、自動車等)、優秀な人材の輩出 海外在住経験国…ドイツ2ヶ月 富山11ヶ月 来日のきっかけ…ご主人が富山でバイオテクノロジーの研究をしている

☆富山に住んで感じた事、思う事
 人が温かくて、親切ですね。そして街がキレイだし、騒音も少なく静かで人に優しい環境ですね。

☆出身国、在住経験諸国と比較して
 ニューデリーはインドの首都であり、とても混雑した大都会で東京と似ています。富山は静かでいいですね。
 インドにはゴミを分別するシステムはありません。リサイクルシステムも、日本のように細かくて広範囲に及ぶものではないですね。
 日本では年配の方がとても健康でお元気なのにびっくりしました。ジョギングや買い物、ガーデニングを楽しんでいる。インドの年配の方も確かに元気ではありますが、そのように体を動かすことをきついと感じるようで、若い世代に頼るのでしょうね。日本では80代の方でも自立していてご自分で買い物にもでかけられて、お元気だなぁと感心しています。
 学校でいうと、日本では生徒たちが放課後教室の掃除をして帰りますよね。これはとても良い習慣だと思います。インドでは人件費が安いため、教室の掃除を生徒がするということはなく、業者が行うんですよ。自分たちの教室は自分たちでキレイにするという責任感を育むことは良い事だと思います。
 人件費が安いということでいうと、都心部では女性の就業率が高いため、メイドを雇って家事をしてもらっている家庭が多いですよ。コストは5,000〜10,000円/月でしょうか。日本では人件費が高いためにメイドを雇うのは難しいんですね。
 驚かれるかもしれませんが、インドでは90%以上の人は健康保険に加入していません。医療費が安いからです。加入は義務ではないんです。例えば公立の病院では入院一日約2,000円で済みます。低所得の人は無料なんですよ。


続きは、WEBユーザー登録(定期購読)でお読みいただけます

WEBユーザー登録(定期購読)する

既存ユーザのログイン
   


あわせて読みたい